Little fragments

マンガやイベントを中心に、雑文乱文書き散らかし。

物語が畳まり始めたとき―僕らはみんな河合荘9巻感想

 面白い雰囲気の一方で黄昏時のような雰囲気が漂う、そんな新刊だった。

 

 

 今回の「ぼくらはみんな河合荘」は10ヵ月ぶりの単行本。前巻は年長組メインで少しテンションが違ったから、今回は7巻のモヤモヤでに戻ると思った。でも、明らかにテンポとキャラクターのテンションが違う。主人公に余裕が出ているし、律ちゃんには「気づき」が増えている。そして、律ちゃんらしい思考回路で物語は面白く進んでいく。

 今巻の主軸はあの2人だけれど、河合荘の面々やそこに惹かれてやってきた人々もきっちり出てくる。シロさんの伏線回収も始まっているし、彩花さんは前巻で概ね回収した感じはする。そうなると、あとは麻弓さんか。意外と回収されないで終わる気もするけれど。

 河合荘そのものの伏線も解けてきていて、結構丁寧に設定を作りこんであったのかな、と思えたのが今巻だった。

 でも、でも、ラブコメなのは変わらない。相変わらずの茶々の入れ方、下ネタの入れ方。その変わらない日常がゆっくりと変わっていく様子。これこそがこの作品の一番いいところであり、ずっと読み続けている理由だったりする。

 一方で物語はいつか終わる。私の好きな完結作品では、ガンスリンガーガールが15巻、ゆびさきミルクティーが10巻、彼女とカメラの季節が5巻。そして河合荘が次で10巻となる。

 伏線回収も始まって、物語も始まりから1年5か月が経過した。残りはあと7か月だ。そうすると、話の展開や着地を考えるとあと2巻~3巻くらいかな?でもペース的にはあと4巻くらいいけるかな、とついつい思ってしまう。

 この物語を丁寧にもっと見たい。でも、もっと未来の登場人物たちの姿も見たい。また1年くらい空くだろう新刊にむけて、とってもやきもきするのだった。

ライトノベルの方が面白くなる!!!―レビュー:「寄宿学校のジュリエット」

いきなり辛口レビューで申し訳ない。最近買った本でどうしてもモヤモヤするので、「寄宿学校のジュリエット」(既刊4巻)をレビューする。

 

寄宿学校のジュリエット(1) (講談社コミックス)

寄宿学校のジュリエット(1) (講談社コミックス)

 

 

 

ライトノベルのような大味さ

このシリーズは2国の生徒が通う寄宿学校を舞台に2国間の学年リーダー同士が恋をするラブコメだと言われている。うん、ラブコメ
どっちかって言うと本作、ラブコメというよりは俺の○○が○○のような「ラノベ」を最初からコミックにしている味付けな気がする。大味なのだ。
漫画はこうでなくてはならない、と言うつもりはない。けれども、細かく描けるという漫画の良さを生かし切れていない後付け感満載の設定とストーリーは少ししょっぱい味付けだ。

具体的には主人公格のキャラのこれまでのヒストリー設定が雑すぎる。おかげで発言がぶれる、そして根底の世界観からぶれてしまう。あれ、この状況で学園って存続できるの?そもそもこのキャラクターはこの立ち位置でいいの?と思わされるシーンが多い。(特に3巻以降)
そもそも学園ものはもっと学級シーンが多くていいと思うし、学園ラブコメでここまで教室が描かれない漫画もすごいと思う。なんか繊細というよりよくわからない感じにメンタルの弱いキャラクター達だし、なんでそこで出会えているのかわからない……なぜ気づかれない……という残念なシーンも多い。

ブコメであれば、もっとキャラクターの恋愛の細かい心の揺れ動きを大げさにして少しかゆい感じの笑いをとっていっていいと思う。そうでなければただの学園コメディでしょう、これ。ライトノベルでたまに見るヤツ。

本作、小説版も出たというが、最初からライトノベルの方が面白かったかもしれない。文字の方が面白いと思うし、設定の後付け感が出ないのではないだろうか。

 

面白くないわけではないからこそ、ラブコメ初心者にはおすすめ!

でも、まったくもって面白くないわけではない。なんだけど、この10年前に読んだラブコメ感はなんだ!?!?という違和感がずっと支配して離れない。だからこそ、キャラクターのヒストリー設定をきっちりしてほしかった。ストーリー、設定に物足りなくなる人は少なくないはず!

そうなると、これはリトマス試験紙としておすすめだ。ちょっと足りないと思うくらいだと、ラブコメを探す旅に出ることになるぞ!そんなわけでラブコメ初心者の人はぜひ読んでみて!

では!

マンガレビュー 17.03.12 「ニーナさんの魔法生活」・「ラストピア」・「おとなのほうかご」

 さて、今日からマンガのレビューをどんどん乗っけていくよ!今日は3冊!

 

・ニーナさんの魔法生活(高梨りんご著・ぽるぷ出版)

作者が同年代だったことと、絵柄が好きで買いました。内容としては、割とテンプレート的なキャラクターが動き回っていますが、ニーナさんのこれまでや、市場のストーリーの展開次第ですね。これからどうなっていくかが期待されます。
記憶喪失になった主人公とそれを優しく受け入れる島の人々。ほんわかと優しく物語は進んでいきますが、果たしてこれは柔らかな毒なのか、はたまたサンクチュアリなのか。続編が期待されます。

 

・おとなのほうかご(イチヒ著・KADOKAWA

著者 : イチヒ
発売日 : 2016-12-23
ギャグテイストの群像劇です。キャラの味付けは濃いものの、それが生かしきれていないのが残念です。これから、それぞれのストーリーが絡み合うのでしょうか。気になるような、気にならないような。

 

 今回紹介した中では「ラストピア」が一番のお気に入りです。いわゆる「芳文社4コマ」のようで少し変わった世界観が展開されています。芳文社4コマは好きなんだけど、物足りない!と思う方にはお勧めです。

自宅にある漫画154冊+αをデータベース化した

 俺はデータベース化されて整理された情報を見るのが好きだ。美しいcsvとか見ていると心震える。あ、ネ申EXCELとかは好きじゃない。データ構造が美しく、整理整頓されているのが好きなんだ。

 それから、ここで時々やっている漫画のレビューをもう少し簡素にできないかと思った。でも、既存のデータベース化できそうなサービスだと、同人誌の登録がネックになっていた。
 しかしですよ、ブクログさんはやってくれたのよね。

hon.booklog.jp

 オリジナルアイテム登録の無料化!マジか!
 いままでプレミアム機能だったので二の足を踏んでいた俺としてはうれしい。

 

 そこで、今日は時間があったので、アカウントを作って、マンガを全部登録してみた。同人誌の登録はぼちぼちやる予定。

 

凍土高原マンガ・同人誌データベース (toudokougen) - ブクログ 

http://booklog.jp/users/toudokougen

 うん、154冊+αで170冊の漫画がニトリ製3段カラーボックスに入っていたわけか。そりゃ板もゆがむわ……。

 今後はブクログで漫画や同人誌のレビューしてこっちにも投稿する感じでやっていきたいと思うので、よろしうな。

衛星放送が入らないのにNHKの訪問員に衛星契約をぶち込まれていた件

 NHKの受信料というと、やれ電波ヤクザだ、やれ不正利用だなどと言われる。
 私はNHKの受信料を断固払いたくないわけではないけれど、そもそも以前はテレビがなかった。
 昨年、親父のおさがりで小さなテレビを譲り受け、たまーに地震や災害の情報を見るのにテレビを使っていた。そのあいだにNHKは来ることがなかった。

 そんな今年の頭、胃腸風邪を引いて家で寝込もうと横になっていた時だった。 インターホンが鳴る。いつもなら宅配便か否かもわからないときは受話器を取るが、この時は頭がもうろうとしていて取らなかった。そしてそのまま出てしまったのである。不用意だった。

 NHKの訪問ほにゃららでNHKより委託されております株式会社xxxの〇×です~」

 

f:id:toudokougen:20170302202658p:plain

 

 あー、出るんじゃなかった。よりによって一番頭を使わないといかん相手じゃないか。
 しかし、頭が朦朧としている。お引き取り願おうと思ったが、風邪じゃ正当な理由にならずにゴネられても嫌だなぁとか面倒だからさっさと終わらせようとか思いながら、風邪であることを伝えつつ、よくわからないがいわれるままに契約した。

 途中「うちは衛星放送は入らん」「いえ衛星放送が入るはずですので~」というやりとりがあったのはぼんやりと記憶している。
 しかし面倒でいわれるがままに書類を書いて〇したのである。しかも不用意も不用意、クレジットの機械まで通したのである。今思えば、風邪で弱っていて面倒だったとはいえ、追い返すべきだった。

 

 さてしばらくしたある日、家計簿アプリを見るとNHK受信料が引かれていた。
 「そういえば契約させられたねぇ……」なんて思ってみれば結構な額が引かれている。そこでようやく契約書をチェックすると、衛星契約にチェックが入っていることに気が付いた。

 あー、やっちまった。

 私にとって衛星契約は不要の代物だ。昔はJリーグをちらっと見ていたこともあったが、メインが今シーズンからDAZN(笑)の放送に映ってしまった。スカパーなら契約ワンチャンあったのに。よって衛星放送を見る意味は皆無といっていい。
 そしてなによりも、我が家はケーブルテレビで、設置時の説明で衛星放送はNHKの契約と別途ケーブルテレビ会社が準備する専用チューナーが必要と言われていた。よってうちにはUHFケーブルが1本しかない。

 こりゃ返金してもらいたい。でも、契約にハンコを押しているからダメかとおもいつつ、NHKに電話を掛ける。お約束のやれナビダイヤルだ、このやり取りは録音されているだ言われた後、オペレータにつながり、ようやく趣旨を伝える。すると、翌日に担当から電話が来るとの由。

 

f:id:toudokougen:20170302202823p:plain

 

 最後に「地上契約は解除となりません」とか言われたが、まぁそれは言わなくてもよかったんじゃないか。まぁでも言った言わないになると面倒だし、オペレーターも大変なんだろうなぁ。

 翌日に「担当」から電話がくる。これが最初に訪問にきた委託先の会社というやつなのだが、衛星は入らないぞといったら、「繋ぎ変えて映るか確認お願いします」という。でも、UHFケーブルはうちに1本しかない。だから、そもそも映らないし見ないと言ったら、「いや、映ったらもうそれは衛星契約となるから電話で確認させろ」とのこと。

 NHKの契約で最も嫌われるのって、こういう「契約の自由」がないように思わされるところなんだろうなぁと思う。1本しかないUHFケーブルを繋ぐまいと、繋ぎ変えて衛星放送が映っちゃえばもう衛星契約って、そりゃあどうなのよって結構な人が思うと思うぞ。ここに強引さを感じ、不快感を覚える。
 それから、ケーブルテレビだから衛星放送も入るはずと決めつけて契約をぶち込まないでくれ。君たちそこら辺の携帯キャリアじゃないんだから。

 まぁ、言い争っても仕方ないし、映らないものは映らない。しぶしぶUHF繋ぎ変え、受信できない衛星放送画面のことをいう。どうやらエラー番号で伝わるらしいね。「E202」って出ていれば、チューナーやアンテナがないってことなんだろう。これで受信不可の確認は完了した。あとは返金手続きの話をしてスムーズに終了。

 ついでに契約時の説明など色々「「「ご意見」」」を入れたいところではあったが、そんなクレーム言われ慣れているだろうし、別のところに言ったところで、またナビダイヤルでお繋ぎされて20秒ごとにおよそ10円がかかってしまうのでやめた。

 別にNHKとの契約をするのはやぶさかではないし、契約もきちんと確認してない俺も悪かったと思う。

 なにはともあれ、返金となってよかった。けれども、なんというか、非常にモヤモヤした気持ちが残る契約関連のやりとりであった。

 

 とりあえずNHKが来た時に具合悪かったら、追い返した方がいいぞ。

  

 こりゃNHK契約しないみたいなノウハウが流行るわけですわ……。