読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Little fragments

マンガやイベントを中心に、雑文乱文書き散らかし。

人間

聖なる夜にアルバイトを

メリークリスマス!今日は楽しいクリスマス。まず、これを聞いて「お祭り」への造詣を深めよう。 大滝詠一「クリスマス音頭」 大瀧詠一のアルバム、「NIAGARA CALENDAR」で特に傑作なのがこの「クリスマス音頭」。音頭という日本的なものとクリスマスという…

レビューは認証履歴

昨日は表現について面倒な話をしてしまったが、もう少し続けたい。 toudo-kougen.hatenablog.com 新宿ロフトで行われた山下達郎のライブにいったときの話だ。曲の間にあるトークでこんな話があった。 「ロフトでは熱狂的なファンというか『信者』が来るので…

友達ってなんだろうか (ななしのアステリズム1巻・2巻感想)

泥沼の何角関係だこれー?といわんばかりの漫画がでてきた。NLもGLもあるよ! ななしのアステリズム(1) (ガンガンコミックスONLINE) 作者: 小林キナ 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス 発売日: 2016/03/25 メディア: コミック この商品を含むブログを…

みなさん、お元気ですか。

今朝はたくさんの夢をみた。今まで出会ってきた人たちが走馬灯のように次々と出てきた。彼らは少し距離感が遠い人々だった。 今はどこへいったのかわからなくなってしまった人、何をしているのかわかっているのだけれどあっていない人。たくさん出会えた。楽…

楽しく飲みたいから、好奇心旺盛な飲み友達を募集します!

好きなことや勝手なことを楽しく語り合って、楽しく飲みたいのですよ。人をあげつらうとか貶めるとかではなく、楽しい話をしよう。時には自虐的な話もしよう。そして大いに笑おうじゃないですか。 表題の通りで、好奇心旺盛な飲み友達を募集したいと思う。こ…

後悔していることについてのひとりがたり

バレンタインデーを前にしてちょっと苦い話を。 昨日、友人(といってもずっと年上の人)と飲んでいたときに、ふと前に別れた恋人の話になった。別に「今は連絡もとっていないし、どうしたんですかね・・・・・・」くらいの話だったのだけど、酔いが回っていたのか…

笹松クレペリン検査

友人に笹松しいたけという男がいる。新卒1年目の社会人で豊富な言い回しで己の欲望を展開していく。 彼は日頃は Intel cerelon+2GBメモリで OSがLinax かなにかで動いていて、己の性欲に対しては Intel core i7+8GBメモリで windows10 を起動させるんだと…

情報開示したら自分の幼少期のIQを知った

ガードの上を走る電車、けたたましい音がしている。俺は母に手を引かれ、歩道橋を渡り、ある施設の門をくぐった。 これが幼少期の記憶だ。場所は詳しくは申すまい。 カウンセリングを再び受けるなかでこの記憶を辿る機会があった。記憶にあるところにあった…

「事実」よりも「経緯」

今朝がたは雪で色々交通機関が乱れていたので、何とはなしにテレビをつけていた。久々に朝のワイドショーなんていうのを見た。ジャパネットたかたの社長の引退ニュースは結構面白かった。 それにしても、事実というのはとてもキャッチーなものだ。「某芸能人…

会って話すということ

高校の先輩に3年ぶりにお会いした。今や部活関係では私くらいしかつながりがないようで、近況報告をかねて久々に届いた年賀状をきっかけに某所の駅ビルで一緒にご飯を食べた。 久々にあった先輩は無事就職もして、それなりに忙しく働いているようだった。昔…

60日の間になにがあったか。

ブログを60日ほど休んで文章を書く腕が確実に鈍っている。元々腕なんてないんだけどね~せやね~。 さて、ブログを一時閉鎖して周囲に色々と憶測を呼んだのだけど、理由はただひとつ。 「精神疾患による体調不良」 いや、具体的な日付を書くと特定されかねな…

また女遊びの話をされた

仕事先での雑談でよく質問されることとして「趣味(ギャンブル)」「酒」「女」がある。多くの男社会な職場ではそうなのだろう(IT系はそうでもなさそう)。 俺も久々に聞かれて「女遊びは興味ない」といったら「ゲイ?」と言われた。ちょっとむかついたので…

沢野メソッド

先日なんとなく買ったオータムジャンボを確認したら見事に外れてた。サブちゃんみたいに「まつり」とはいかなかったねぇ。 そんな懐が寒い中、木枯らしが吹き、夜がグッと冷え込んできた。もうフリース出しちゃったりなんかして。そんな1F住まい。1Fは地面か…

距離感の話

昨日はてブでこんな記事を見つけておじさんは闇の話をしたくなってしまった。 kutabirehateko.hateblo.jp 目の前にいる異性と肉体関係に陥ってもいいのかという話である。別にこれは正直距離感の問題だと思う。距離感がわからない人、例えば何かに焦って距離…

人に出会うと思い浮かぶもの

人に出会うとその人には関係なく唐突に音楽が頭の中で流れたり、ドラマや映画の一場面が頭の中で流れることがある。どうやら名字に紐づけて出てくるようで、例えば水谷さんなら「プリコグ」が流れる。男性の水谷さん相手に話をしているときに「プリコグ」が…

表に出来ない感情

病気の話って重いかなぁ・・・と思ったけれどたまに振り返りがてら書きたくなるから困る。 現在に至る「適応障害」を発病してから10年が経った。はじめは忘れもしない中学3年のときのことだ。部室で掃除をしている最中、悲しくて悲しくて座り込んでしまった。過…

熊と茸の歴史的な和解

三連休、おわっちゃったね。 みなさんはいかがお過ごしでしたでしょうか。俺は連休あとに待ち構えている労働が嫌で、ARIAを見ながら(2回目)労働したくないって考えてた。でもコクミンノギムってやつなんだから仕方ないね。それで、今朝 Twitter を開いたら…

階段の記憶

はてなブログの今週のお題が「一番古い記憶」ということで、書いてみることにする。 一番古い記憶は3歳の時だと思う。夏、祖父母の家に遊びに来ていたときのことだ。 俺はミ○キーが描かれたパンツをはいている。そして階段の上から3段目に座っていた。 下…

コンテンツなんてないっ

ミュゼプラチナムさんが私的整理という報を聞き「これで広告に使われているトリンドルなんとかを見るたびにイライラする広告がなくなった」と喜んでいる管理人。よくB専と言われる。いやでも多部ちゃん可愛いじゃん? <a href="http://toudo-kougen.haten…

週間笹松しいたけ(第7号)

※お詫び:週間笹松しいたけ(第6号)は笹松しいたけの呪い管理人の操作ミスで削除してしまいました。謹んでお詫び申し上げます。 今週もダイジェスト版で! <新幹線の中で笹松ブログを書くな> 流石に新幹線の中でああいう文章を打ち込もうとして周りの目…

週刊笹松しいたけ(特別号)

お盆のある夜、俺は「週間笹松しいたけ」でお世話になっている笹松氏と都内の飲食店で落ち合った。そこで日本酒をちまちま飲みながらインタビューを行うことに成功したので、ここでお届けする。なお、業界に詳しい人にも今回のインタビューに御協力の上、同…

週間笹松しいたけ(第5号)

当ブログの大人気コンテンツ(自分調べ)の「週間笹松しいたけ」。頭のねじが飛んでしまっているオトコ(童貞)「笹松しいたけ」の歪んだ発言を1週間に1度晒していこうというシリーズものになっている。今週は第5回。一応笹松氏のコンテンツ紹介と前回までの…

週間笹松しいたけ(第4号)

一日遅れとなったけれど、今週も週間笹松の日がやってきた。今週はいよいよ納期に追われることになった笹松。さて、残業した彼に起こった変化とは・・・・・・。 <土曜日> 木次でテニス部JC山ほど乗ってきて汽車埋まったんだけどwwwwwwwwウケるwwwwwwwwww これだ…

週間笹松しいたけ(第3号)

大好評、週間笹松しいたけも今週で3週目、酷い発言のまとめ、いってみよー! <土曜日> ぶっちゃけ無償で現役JKに押し倒されて熱心にべろちゅーされて荒い吐息感じないともう救われないよね(起きた)— 笹松しいたけ (@s_sasamatsu) 2015, 7月 17 幼なじみ…

週間笹松しいたけ(第2号)

先週のアクセス数がよかったので、週間笹松しいたけ第2号を発行することに。飽きたらやめる。 しかし金曜日に更新しようと思ったのに PC 不調とは笹松氏の陰謀に違いない。 〈土曜日〉 手をつないで一緒に寝ると子供が出来る人間すら結婚できるのだ 逆説的に…

週間笹松しいたけ(創刊号)

創刊号は管理人のコメントが付いてなんと 0 円。デフレってすごいね。 ブログの書くネタが尽きたので、このブログを始めた元凶になる笹松氏の華麗なる迷言の数々をダイジェストでお送りしようと思う。飽きたら来週はやらん。 <月曜日> ぶっちゃけ無償で現…

夢とか趣味とか言われても

義務教育などの中で「将来の夢はなんですか」とよく問われた。幼稚園の時に「電車の車掌さん」だったと答えた以外はなんだったか覚えていない。 小さい頃は夢や趣味がなかった。そんな自分はいけない子どもなのだろうとずっと思っていた。ちなみに今も「夢」…

自分求める境遇へ自らを投射する。

人はなぜ酒を呑むのだろう。 「気持ちがいいから」 人はなぜエッチをするのだろう。 「気持ちがいいから」 いいか、処女好きよ。処女とのエッチは気持ちいいとは限らない。場合によっては非情な現実やつらみというものを見せられるかもしれない。それでも汝…

アフターサポート

昨日、個人的に「アレ」な話を書いたら案の定愉しい反応をいただけた。皆様、色々と自分の思うところがあるんすなぁ。いや、みんなそれぞれの思いのなかで苦しんでいるのはわかるんだけど、なんか即物的なんだよなぁ。「苦労したくない」には同意するけど、…

需要と供給と付加価値の再発見

人と話すのは楽しいけれど、難しい。だからこそ、絶対に恋人になりえない異性の友人は重要な存在だ。貴重な色々なホンネを聞くことができる。 昨日はそんな友人との飲みだったのだが、友人氏はかなりかっ飛ばしタイプで、「童貞の妄想をすると捗る」「百合う…

カウンセリングからの卒業

前回の記事に書いた「休職」以来、ここ2年くらいは同じ心療内科と同じカウンセリングセンターに通っていた。心療内科は本当に「町医者」で、でも絶大な信頼を置いている。カウンセラーさんも信頼している。 カウンセリングは別に何か薬のように瞬時に効くも…

生存戦略、そして後悔(その3・終)

俺氏、風俗へ行く話の第3回。ここまでのいきさつはまえのエントリーの通り。 いざ自分のナニを曝したとき、羞恥心とともに、後悔の念が生じてきた。当たり前だ。いくら職場で話のネタを作ろうって言ったってなにも不貞の名をいただいてまでこんなところにく…

生存戦略、そして後悔(その2)

前回書いたようないきさつがあって風俗に行くことに決めた。これは会社の中でなんとかやるための生存戦略なのだ。 生存戦略、そして後悔(その1) - Little fragmentstoudo-kougen.hatenablog.com このときは24時間1勤務で、「明け」がある。睡眠時間は大体3…

生存戦略、そして後悔(その1)

みなさんは風俗にいったことがあるだろうか。俺の友人、知人諸氏は身持ちが固いのでいったことがない人が大半だろう。 ちなみに俺はある。これには興味本位と焦りがあったのだ。 2年前、俺はとある企業に就職した。本社勤務はまだよかったが現場は男社会で、…