読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Little fragments

マンガやイベントを中心に、雑文乱文書き散らかし。

唐揚げそばの思い出


 昨日のブログ記事が消えてしまい、ありふれた悲しみにうちひしがれてる。


 渾身のネタ作品の解説なぞ2度もしたくはない。考えるな。感じてくれ。これもスク水うどんの呪いか。童貞といったせいか。そんなに女の子に肉棒を承認かてもらうタイプの排卵日セックスがしたいか。それができないからと俺を恨んでも困るぞい。
 ま、記事消したのは自分の操作ミスやったんだけどね。てへぺろ。てかはてなのブログアプリが使いつらい。

 さて、今日は仕事をしていて気がついたら常磐線の向こうまででばって来てしまったので、せっかくだからと我孫子で降りてこいつを食ってきた。携帯から投稿だから画像が逆さまなのは仕様だから。

f:id:toudokougen:20150630175131j:image

 そう、弥生軒の唐揚げだ。中学生や高校生の頃は大回り乗車をする度にここで唐揚げそばを食べた。もう7年くらい前かな。当時は1杯に唐揚げ2個のせて380円で、マックスコーヒー120円で胃を中和しなくてはどうにも胃がもたれる代物だった。そして成田線で爆睡してた。いまは1個で限界がくる。
 ちなみに大学で知り合った我孫子出身の女の子に「我孫子と言えば唐揚げそば!」といったら「なにそれ?」と言われて凹んだことは忘れられない。マックスコーヒーも知らなかった。とても悲しい。まぁ、某有名私立に通ってたお嬢様(少年という単語が大好きな残念な友人)だから仕方ないか。

 そういえば当時の体重は44kgでいまはそこから+30kgしている。つらい。これが代謝か。若人よ、運動をしなさい。ちなみに君たちの大好きな夜の運動ではない。じゃないと天然ミートテックを着ることになるぞ。
 俺もメタボになったが、唐揚げの値段もメタボになった。いまや唐揚げ1個が80円だったのも嘘じゃないかと思えるほどの価格、1個140円だ。2個のせのそばになると500円を超える。このスタグフレーション社会のなか、唐揚げは確実に値段があがっていってる。原価上昇を価格に転嫁した結果なので仕方がない。

 中高生時代にあの格安唐揚げそばで腹を満たし、当時チバラギにしかない!と定評だったマックスコーヒーのプレミア感を味わえたことに「「「圧倒的感謝」」」である。