読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Little fragments

マンガやイベントを中心に、雑文乱文書き散らかし。

百合姫 Kindle セールだったので、 1冊完結の単行本を3冊買ってみた

漫画・同人誌

 百合姫 Kindle 72時間セールと聞いて。最近百合&ラブコメ分に飢えていたので大変うれしい。オアシスオアシス。12日までやってるそうです。

www.amazon.co.jp

 百合姫と聞くと大分がっつりレズってるイメージがあるけれど、「ゆるゆり」なんかも百合姫なんだよね。個人的には性描写いらないので、素直になれないツンデレがいじられてわいわいきゃあきゃあしてる楽しいやつでオナシャスというわけで3冊ほど購入してみた。シリーズものはどうしようかな。『citrus』が人気らしいので、読んでみるか迷ってる。
 Kindle とはいえど、別に専用端末はいらない。スマホにアプリがあればいいので、Amazonで1click購入して端末でサクッとダウンロードをする。世の中便利になったねー。紙の束が増えないというのがよい。コミック同人誌とかマンガとかは値段の割にかさばるので、どんどん電子化してほしいところ。
 
 それでは、買ってみた3冊の感想を書きたいと思う。まずは『ラブデス』。『姫のためなら死ねる』で百合ラブコメに定評のあるくずしろ先生作のものだ。

 

 

ラブデス。 ?短期集中連載集? (百合姫コミックス)

ラブデス。 ?短期集中連載集? (百合姫コミックス)

 

 

 表題作は最高にヤンデレズって感じで好き。ただ、デレデレ描写が少ないのが寂しいかなぁ。もうちょっとモジモジとかこう『痒い』ラブコメ感が欲しかった。でも躍動感ハンパねぇ。すげぇ。あと舞台がしれっと盛岡駅なの笑う。あそこからどこへ映画を見に行こうというのか。フォーラムにしたってピカデリーにしたって大通でしょ。なぜカワトク前とかではなかったのか(
 盛岡が舞台の百合作品といえば「カノカメ」もあるね。オススメできる百合マンガなのでこちらも是非読んでみては。

 

彼女とカメラと彼女の季節(1) (モーニング KC)

彼女とカメラと彼女の季節(1) (モーニング KC)

 

 

 もう1つの『にこちゅう』はヤンキー×百合という異色の作品だ。周囲の視線と本人たちの思考・行動のギャップが面白すぎる。ヤンキーとはいえ乙女だ。個人的にはこっちの方が好きかなぁ。

 
 続いて『ゆりゆり』。『ゆるゆり』で有名ななもり先生の同人作品集だ。

 

ゆりゆり (百合姫コミックス)

ゆりゆり (百合姫コミックス)

 

 

 いくつもの「初めての女の子の恋」が描かれている。『ゆるゆり』ののほほんとした感じよりも少しシリアスな面もあって「これぞ恋や・・・!」と思った。すれ違ったり、迷ったり。そういう心の揺れ動きや揺らぎにとても癒される。ああ、生きているのだなぁと思うのだ。自分で書いていて気持ち悪い感想だなこれ。
 しかし、絵柄の所為なのかあまり印象には残らなかったな。ちょっとキャラクターが可愛すぎるのかも。

 とにかく、『ゆるゆり』だと巻数多いし・・・と思っている人にはお勧め。

 

 最後は『それでもやっぱり恋をする』。作者はよく知らないけれど、表紙に惹かれて買ってみた。

 

 

 「ネトゲ」、「イジメ」、「出会い厨」、「ブログ」とそれぞれタイムリーなネタを入れてきているのが好印象だった。それがシリアス展開に現実味を持たせている。「きっとその辺にも転がっているかもしれない恋」として読むことができた。最後の物語のつなげ方も上手くできていて、超展開の百合モノも好きだけど、こういう「日常」が絡み合う百合モノもいいなぁと思った。

 

 このままだとcitrus』も一気に3巻買ってしまいそうだ。それでも 6冊 1800円 なのだからお買い得。しばらくは仕事の合間の休憩に百合漫画を読みながら2828しますか。

 ちなみにラブコメなら GL、NL が好きで、SSでも漫画でも同人誌でもpixivでもいいので、オススメがあれば教えてくださいな。お願いします。

 

 最近はすぐ寝てしまう日々が続く。色々やらなきゃいけないことはあれどのんびりと。精神的には健康なのでなんとかなっているので、ご心配なく~。