読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Little fragments

マンガやイベントを中心に、雑文乱文書き散らかし。

モノやカネより自分の心の自衛が第一

生活・思考

 ミニマリストがなんだかんだという話が少し前にはてな村を賑わせていた。

 

 発端は NHK で「ミニマリスト特集」が放送されたことであったように記憶している。

  NHK 特集の数日後に「燃料」となるとあるブログ記事が投稿される。

sakenominimal.hatenablog.com

 正直に言って俺もこれを読んですごくイライラした。なんだろう、基本的に「ミニマリストが唯一の至高な生活」という考えが文章の至る所から透けて見えることが癪に触ったのだろうか。

 同じような感想を持った人は少なくないようで、はてブロで反論する人が出てきて感情的なやりとり合戦になるなど、目も当てられない状況になっていた。そして、落ち着いてきた頃にこんな記事がホッテントリ入りした。

toianna.hatenablog.com

 この人ブログのタイトルに「外資系OL」と入れてしまう煽りセンスもさることながら、時事ネタ乗っかるの好きだよねぇ・・・・・・。そして案の定「ミニマリスト」に反旗を翻すように「マキシマリスト」宣言をした。

 ネット空間っていうやつはどうして極論に返す刀が極論なのだろうか。頭のスイッチは単純回路で ON か OFF しかないのかと言いたくなる。

 

 俺はミニマリストでもマキシマリストでもない。どちらかと言えば物欲はある方で、浪費も偶にする。しかし、よく周りには「無欲だねぇ」、「倹約家だねぇ」と言われる。

 おそらく、『トータルコスト』『コストパフォーマンス』の意識が強いこと、『自分で無駄だと思うことをしないこと』がそう見える理由なのだと思う。

 自炊は自分の気分転換に必要だから行う。
 酒は自分ひとりでは楽しくないから飲まない。そもそも気分転換にはお金がかからない他に良い方法があるのに、酒に奔ったらもったいない。
 タバコはどうしてもストレスが消化できなくなったときだけ。
 車は飽き性なのでレンタカーで色んな車に乗ることが好き。
 旅行は出来るだけコストパフォーマンスを重視。

 こうして自分の中で『無駄だな』とか『もったいねぇなこれ』と思ったことは積極的に切り捨てていく。俺の場合はお金のためではなく、心のためであることが多い。自分の心を自衛すること、それこそが大事なことであると思う。

 心のためだから、僅かなお金を使ってQOLが上げられることがあり、『無駄ではない』と頭の中で判断したならば、お金を払う。アイスクリームを買う、本を買う、気分転換に旅行に行く、漫画はパット見で琴線に触れたら買う、居酒屋で美味しい日本酒を沢山飲む・・・などなど。主に本はよく買うので、モノはあふれかえっている。6畳+2畳 の 1K など住んだ日にはモノであふれかえって死んでしまう。

 ただ、あるときに本も『無駄にスペース食ってるなこれ』と思ったら大放出する。そのときに利益が出るかどうかなんて考えない。大事なのはお金じゃない。心の隅にある気がかりなことを少しづつ消して心にゆとりを持つことだ。俺なりの生存戦略だ。

 ミニマリストでもマキシマリストでも、お金やモノという見えやすいものにとらわれているように見える。俺にはそれが貧しくみえてならない。多少無駄なお金を使っても心のバランスをとる。それこそが大切なことではないのだろうか。もちろん金策も大事だ。しかし、金策をとるのは結局は心の安寧を保つためではないのかと思うのだが。

 まぁ、あくまでも個人の考え方なので、異論はあって良いと思う。