読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Little fragments

マンガやイベントを中心に、雑文乱文書き散らかし。

艦隊コレクション大井メインSS その1

 前回の記事から妄想が止まらずに艦これ二次創作SSを作ってみた。苦手な人はバックボタンをクリッククリック!

 

toudo-kougen.hatenablog.com

 

 
 
 
---------------
 
 
「失礼します」
「やぁ、おはよう。今日は気分がいいねぇ。晴れているし、お昼は二人っきりで中庭でランチd」
「魚雷打ってもいいですか?」
 
 やれやれ、この人はいつもこんな調子なのだから。晴れているのは事実だけれど、大規模作戦中に中庭でランチなんて優雅なことをしている場合ではないでしょうに。
 そもそも私はランチデートなんて行くことで提督と仲良くしているなんて思われるのは真っ平ごめんだ。
 ただ一応これでも近隣の鎮守府ではよい作戦指揮をとる提督であることは承知している。私たちの待遇のよさもこの提督のおかげだ。ルックスもまぁ悪くはない。
 しかし私は男性、特に提督なんていうのは甲斐性なしの生き物にしか見えない。だから私は練習艦として甲斐性なしどもを再教育してきたのだ。甲斐性なしよりは北上さんと一緒にいたいし、いまだって仕事でなければ北上さんと―
 
「お、お、い!」
「あっ、すみません。ぼんやりしていて」
「どうしたんだい?俺に惚れてボーッとし」
「やっぱり魚雷打ちますね」
「待て!冗談だ。大体なんで鎮守府内で擬装をつけたままなんだ!」
「提督が不貞なことをせずにきちんと仕事をするようにと思いまして」
「アッハイ」
 
 こんな簡単な嘘にひっかかっちゃうなんて。ふふっ。
 
「ところで大井、真面目な話、具合悪いんじゃないのか。なんなら別のものに秘書艦を交代させても-」
「ご心配には及びません。それよりも提督はまたろくろく寝てないでしょう。隈がひどいです。今朝はまだ何も動きがないと思うので、少しおやすみになら―」
「それこそ心配無用だ。そもそも大規模作戦で俺以外に誰が指揮をとるのだ。大井にそれはできるのか」
 
 できますと答えようとしたがやめた。朝から喧嘩しても仕事が滞るだけだ。
 
「チッ、提督も提督なのよ」
「ハハハ、相変わらず口が悪いな」
 
 こうして前日の秘書艦の引継簿を見ながら仕事を開始した。
 
 我が鎮守府の秘書艦は練度の高い艦娘が交代で行う。私の他には赤城さん、飛鷹さん、榛名さん、足柄さん、叢雲ちゃん、伊401ちゃんがその任にあたる。提督はそんなにロングヘアーがお好きかしら。今度木曾に頼んで聞いてもらおうかしら。
 
 前日の秘書艦は榛名さんだ。いつもの業務上の連絡事項と提督の検印がある。そこに付箋がはってあった。
 
「大井さんへ。業務お疲れさまです。提督は現在二徹中なので、作戦指揮、艦隊組成、装備、書類内容の十分な確認をお願いします。 榛名」
 
 鉛筆で走り書きしてあった。提督に気がつかれないように貼ったのだろう。私たちが気遣っていると気がつけば、あの提督は気を悪くするだろうし。
 
 引継簿を閉じると黒板に目をやる。ととうやら丑三つ時に野戦をしたようだ。MVPは川内。さすが夜戦バカね。損害はでていないようだけど、それよりも…
 
「提督」
「どーしたー?」
「夜戦の際は秘書艦を必ず呼んでください」
「あー。いや、相手が駆逐艦3隻に、輸送艦1隻、軽巡洋艦1せ―」
「楽勝だと仰りたいのはわかりますが、決まりは決まりです。それとも秘書艦増やして二交代勤務で常時サポートしましょうか。申請書類の作成や秘書艦の選定は私がおこなー」
「わかった。次から気を付ける。赤城にも『慢心は禁物』と言われているからな」
「……わかっていただけたのであれば幸いです」
 
 うちの提督は一人で抱え込みすぎだ。もちろん、艦娘という存在を信用しきれない理由もわかる。人間の提督からすれば、私たちは気味が悪いだろう。人間の形をしながら、人間でないような存在なのだから。
 
 それでも…と変な思考に捕らわれそうになる。危ない。慢心は禁物なのは私の方だ。
 
 今日も淡々と執務をこなしていけばよい。特に大規模作戦の途中だ。余計なことを考えている場合ではない。書類も日々様々なものがある。鎮守府内の備品確認、艦娘の状態確認、クレーム処理、指令書の確認と整理。一度戦闘が起きれば、膨大な報告書が必要だ。天候や位置や海流から、相手の戦闘力、味方の動き、損害状況、資源使用量……ちなみに丑三つ時の戦闘に関して書類はもう出来上がっていた。メモ書きでも残してくれれば私の方で処理するのに。
「提督がやりすぎなのよ」
思わず口をついてでる。幸い聞こえていないようだ。
 
 ふいに連絡のブザーがなる。音から察するに第二艦隊が敵と遭遇したようだ。
 
「おっと、朝からおでましだな」
「準備します」
「よろしくどーぞ」
 
 口調とは裏腹に提督の眼光は鋭くなっていた。
 
 
----------
 
 今日はこんな感じです。駄文にお付きあいいただきありがとうございました。また気がのれば続きをアップします。
 
 
 
色々あって今週は私生活が荒れて仕事もミス連発なので本当にダメ。波風がたたない私生活を送りたい。