読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Little fragments

マンガやイベントを中心に、雑文乱文書き散らかし。

在来線乗り継ぎなんてできない

 三連休に積もる話ができたとは先だっての記事で述べた。そんなことを考える顛末について今回は書きたい。

 

toudo-kougen.hatenablog.com

 

  今回行きに使ったのが「秋の乗り放題パス」だ。連続する3日間有効で7710円という優れもので、まぁ6時間~7時間だし、これで往復して旅費を圧縮しようという腹づもりだった。

 俺はいま名古屋近郊にいるので、行きは名古屋駅スタートとなる。乗り継ぎパターンは新快速豊橋行き(8両)、普通興津行き(6両)、普通富士行き(6両)、普通沼津行き(5両)、普通熱海行き(3両)、普通東京行き(10両)となった。これはかなり恵まれた方の乗り継ぎである。なにせ両数が長い(ラスト2つを除いて)。静岡地区の普通列車乗り継ぎは大抵3両、しかもハズレを引くとトイレなし編成にずっと乗り続けることとなる。

 それでも俺は体力と気力が持たなかった。ずっとデレステしていたのだけど、肩と腰に相当な負担がかかってしまった。思わず三島駅ドロップアウトしてしまったほどだ。

 その後も熊茸会の途中で体力と気力が尽きてぐったりするシーンがあるなど、折角の楽しい時間なのに勿体ない事をしてしまった。そしてオススメされる「帰りは新幹線なんじゃない?」

 いやいやいや。それじゃあ旅費圧縮の意味がないでしょうと思いながらも諭される俺。しまいにゃ、友人笹松氏の横に座って楽しく帰ることにしてなんとか新幹線にした。だって財布が軽くなるのだもの。

 

 

 新横浜から名古屋まで1時間半で9,550円(新幹線回数券利用)、在来線で6~7時間2,570円(普通列車乗り放題系フリーきっぷ)なので、ものすごく差がある。高速バスは4,000円で同じく6時間程度だ。高速バスがやたらと遅い。

 台湾のように新幹線と在来線の運営会社が違えば東名間特急が走り、7,000円で4時間という形になっていたのかもしれないけれど、残念ながら現実はそう上手くはいかない。結局シンカンセンダッタンジャナイッスカネーという感じだ。

 

 年末までは月1回程度通院で神奈川県内に行く必要があるので、どうしたものかという感じがする。色々考えては調べているのだけど、中々良い選択肢が見つからない。

 

 やっぱり世の中カネなのかな・・・・・・。