読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Little fragments

マンガやイベントを中心に、雑文乱文書き散らかし。

また女遊びの話をされた

 仕事先での雑談でよく質問されることとして「趣味(ギャンブル)」「酒」「女」がある。多くの男社会な職場ではそうなのだろう(IT系はそうでもなさそう)。

 俺も久々に聞かれて「女遊びは興味ない」といったら「ゲイ?」と言われた。ちょっとむかついたので、「彼女いますから。」と返し、納得された。

 それにしても、男なら女遊びに興味があると決め付けるのは早計だと言わざるをえない。様々なタイプの人間がいるのが世の中である。ちなみに「興味がない」といったのは半分嘘で、行ったことが無いわけではない。

 

toudo-kougen.hatenablog.com

 

toudo-kougen.hatenablog.com

  

toudo-kougen.hatenablog.com

 

 風俗に言った結果は酷いものであった。

 じゃあ女性とのお付き合いはと聞かれると、付き合っていない女性に手を出したことはない。*1まずは肉体的な関係を持ってから「じゃあお付き合いしましょう」となったこともなければ、したいとも思わない。

 肉体関係が先だと、きちんとした手続きを踏んでいないような気がする。それに、身体を目的にお付き合いしている気がする。心と身体が重なりあってこその性行為と思っている俺としてはあまり許容が出来ない。また、街行く女性を劣情を持って見るなんてあまりにも失礼だと思っている。レイプしているようなものではないかとすら思う。

 俺はもしかすると貞操観念が強すぎるのかもしれない。

 

 閑話休題、俺は冒頭の女遊びに対するやりとりに関して「世の中には色々なタイプの人間がいる」ということが前提にできていない人の存在をまた思い返されてしまった、ということなのだ。世の中の大半のことはオール・オア・ナッシングではないし、常に同じ結果を掃き出し続ける計算機の答えのようなものは数少ない。

 はてなのトピックスでいっても「男女二人っきりのときにセックスをするのかしないのか」「都会か田舎か」みたいな話をみるといつもげんなりした気分になる。

 

 「そんなこと場合によるだろうに」

 

 セックスの話にすれば別に同じ部屋にいて手を出さないときと、手を出すとき、キスだけしてセックスしないときと色々な形があるだろう。必ず襲うとか必ず襲われるとかそんなことはないはずだ。これについては書いている人がいるからまだよい。

 都会と田舎の話はもっとひどくて両極端すぎる。東京都中央区群馬県上野村(人口減少率NO.1)かみたいな話になっており、じゃあもっと間の鳥取県鳥取市(県庁所在地人口最少)か宮城県富谷町(人口増加率がトップクラス)かみたいな話はない。なんだあのアンバランス感は。個人的にはどうにも受け入れがたい。

 

 ダイバーシティーだ多様性だ言っているけれど、結局個人に立ち返れば全くそんなことはないことが多いわけで、なんというかずいぶん息苦しいことが多いなぁと思いこんな記事を書いてみたりしたわけである。

 

 明日からは平常運転に戻したいにぃ。

 

 

 

 

 

 

 

*1:付き合ったことのある女性の話になると、地獄の釜の蓋を開け、素麺の話をまたしないといけない。結果的に2名と付き合った事があるけれど、元の鞘に戻っている。とだけ。