読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Little fragments

雑文乱文書き散らかし。昔色々なんかしてたこともあったね。

聖なる夜にアルバイトを

人間 生活・思考 雑談

 メリークリスマス!今日は楽しいクリスマス。まず、これを聞いて「お祭り」への造詣を深めよう。


大滝詠一「クリスマス音頭」

 大瀧詠一のアルバム、「NIAGARA CALENDAR」で特に傑作なのがこの「クリスマス音頭」。音頭という日本的なものとクリスマスという西洋的なもの2つを掛け合わせることで「七面鳥食って飲んで騒ごう」という「祝祭」面が強調される結果となった点をうまく「観察者」として表しているように思う。

 まぁ、クリスマスよりもクリスマス・イブがまるで本番のような感じに言われているのが最近で、「性の6時間」なんていう言葉もあるよね。


【CM 1988-92】JR東海 X'MAS EXPRESS 60秒×5

 毎年この時期何度も見るのがこのCMで、醸し出すバブリーな雰囲気は最高だと思う。特に牧瀬里穂がかわいいと毎年言っている。ちなみに牧瀬里穂版はパロディー版も面白いので検索してみてね。

 そういえば、92年だとまだ有人改札なのね……。

 

 さて、ある人は「宵宮」と表現するクリスマス・イブなのだが、不思議と仕事か家にいた記憶しかない。今年は休日なので当然家にいるパターンで、せっかくなのでから揚げを作っていたくらいだ。

 俺の場合、彼女が「クリスマス・イブの夜は実家にいる」という決まりを持っており、大学生時代はアルバイト、社会人(のようなもの)になってからは仕事か家というパターンになる。パーティーするような友達がいないんだな、これが。

 大学生の時は某中学受験専門予備校でアルバイトをしていたので、生徒に「せんせー、彼女いないんだー。」と言われていたものだった。こういうときに「ご想像にお任せします」という言葉は大変便利で、大方そんな返しをしていた。子供を喜ばせるあたり、随分サービス精神旺盛なスタッフである。

 中には鋭いヤツもいて、「センセー彼女いそうだけどな……」と言う子供もいた。その直感は大事にした方がいいぞ。と内心は思いつつ「さあ?」と返しておいた。

 そんなやり取りをした彼らも大学1年から高校1年の間になっている。彼らは素敵なクリスマスを送ることができているのだろうか。それとも流行のクリぼっちを極めているのだろうか。ちょっとだけ気になった、クリスマスの朝なのだった。

 

 洗濯ものを干したら、髪切りに行ってこよう。