Little fragments

マンガやイベントを中心に、雑文乱文書き散らかし。

暇な年始はこれを読んで。私選漫画7作!

 今年はよく漫画を買った。そこで、今年の締めに、今まで買った漫画や同人誌の蓄積として個人的に「これはいいわぁ」と思ったものをピックアップしてみることにする。7作のうち、普通の漫画が4作で女の子同士の恋愛、いわゆる「百合」が3作となった。

 年始って結構暇だしね、そんなときにkindle使って読むといいですよ。kindleだとかさばらないからね。

 ちなみに俺は紙の漫画派です。

 

【一般部門】 

1.ゆるキャン▲

ゆるキャン△ 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

ゆるキャン△ 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

 

 これまで2巻刊行済みのキャンプ漫画。今年一番推せる漫画で、はやく3巻出てきてほしい。
 田舎住まいの女子高生がゆる~くキャンプ(というかアウトドア)するという漫画で、ところどころギャグテイストなツッコミどころのある描写もあるのだけど、キャンプ用品とか、キャンプスタイルとか多様かつそれぞれ楽しそうに描かれていてとてもいい。また、登場人物の距離感も適度で、みていてほっこりする作品だと思う。年始にのんびり読むにはいいんじゃないかな。 

 

2.コトノバドライブ

コトノバドライブ(1) (アフタヌーンKC)

コトノバドライブ(1) (アフタヌーンKC)

 

 「ヨコハマ買い出し紀行」の芦名野先生が描いている新作。「ヨコハマ」のような独特の世界観は健在で、日常の向こうにちょっと不思議な世界が広がっているけれども、のんびりした感じ。でも読むとなんだかやさしい気持ちになったり穏やかな気持ちになったりしてくる漫画だと思う。年末のイベント疲れでちょっと心が疲れている人におすすめ。 

 

3.ラストピア

ラストピア (1) (まんがタイムKRコミックス)

ラストピア (1) (まんがタイムKRコミックス)

 

 今年はもう出物はないだろうと思っていた矢先に来た期待の作品。ネタバレするとつまらないので、詳しくは読んでほしいのだけど、芳文社4コマの系譜を汲みながらも日常系とは少し違う、伏線というかミステリーというか、そんなものが沢山ちりばめられている作品となっている。舞台が結構素敵で、ちょっと「ホテル・ブタペスト」のようなものを感じた。

 

4.1518!

 「GUNSLINGER GIRL」 の相田先生の新作で、同人誌が元にある。なんと1巻では母校の一部が使われていてびっくりした。「GUNSLINGER GIRL」とは大きく舞台も世界観も違うのだけど、相田先生が大事にしている「人間らしさ」が伝わってくるようなそんな作品だと思う。

 

【百合部門】

1.2DK、Gペン、目覚まし時計。

2DK、Gペン、目覚まし時計。: 1 (百合姫コミックス)

2DK、Gペン、目覚まし時計。: 1 (百合姫コミックス)

 

 俺は同性百合に弱いんだ!別に恋愛というわけではなく、お互いをお互いでカバーし、支え合っている感じがたまらない。またサブキャラもいい味だしていて好き。百合作品としたけれど、そこまで恋愛要素は強くないので結構万人におすすめできる。百合部門では今年イチオシの作品。

 

2.やがて君になる

やがて君になる (1) (電撃コミックスNEXT)
 

 先日無事に3巻が出て、少しストーリーに変化球がほしくなってきた。けれども、主人公をはじめとするキャラクターの設定が抜群なので、そこに注目して読んでほしい作品。ちなみに1巻だったか2巻だったかの特典「やがて君になれ」はゲストが豪華すぎて豪華すぎるおまけになっていて、お宝だと思う。うん。 

 

3.あの娘にキスと白百合を

  5巻で仙石線沿線が舞台という衝撃の事実がわかったので、一時下がっていた作品評価が再び急上昇してきた。いくつもの百合カップルを出しているのだけど、最近ちょっと多すぎるかなぁというのが感想で、でも3巻くらいまではすごく滾る百合カップルが多いので読んで。あと5巻の白峰さんめっちゃかわいいから読んで。

 

 そんなわけで一挙7作品を紹介してみた。いい出会いのきっかけになればうれしいと思う。
 さて、来年もいい作品との出会いがあることを期待して、さっきDLした百合同人誌で百合納めをしてくるので、このへんで。

 

 皆さまよいお年を!